薬酒の勧め

2020年10月30日;
薬酒は何千年も続いてきた東洋医学の食養生であり治療法です。
紀元前200年頃に書かれたとされる黄帝内経素問「湯液醪醴論(トウエキロウレイロン)」には

    1. 上古の時代。病人のため重湯と濁酒を万一のために備えた。
      精神的にも肉体的にも無理のない生活で病人が少なく、濁酒を使うことも少なく備えるだけだった。
    2. 中古の時代。道徳が衰え、無理をする人が増え病人が増えた。重湯と濁酒にて病を治した。
    3. 現代。世の中が複雑で人心が乱れており、病も重い。そのため、処方薬や、下薬で邪気を攻撃し、鍼灸で外表の異常を除く。

と記述されています。
・重湯とは漢方の上薬・中薬(穏やかな漢方薬味です。朝鮮人参・枸杞・ナツメなど)とお米で造ったお粥です。
・濁酒は漢方の上薬・中薬をお酒に漬けた薬酒です。
どちらも基本は1種類の漢方薬を入れます。

上記3番の「現代」が紀元前200年です。
処方薬は漢方薬です。下薬は作用の激しい漢方薬味です。
病に成ったら、まず重湯と薬酒で治します。治らない時や病が重い時に漢方処方を使用するとの記載です。

「葛根湯、小柴胡湯、小青竜湯」の「湯」は、「タン」と発音しスープの意味です。
葛根湯は葛根を入れたスープ、小柴胡湯は柴胡を入れたスープ、小青竜湯は青い麻黄を入れたスープの意味です。

軽度のお病気や健康維持のために薬酒は役に立ちます。
果実は降、酒は升の働きです。果実の薬酒は升降のバランスが取れ相性が良いです。大棗、枸杞、梅、カリン、アンズの杏露酒などです。
根物は一般に升です。お酒が升ですので根物の効果が更に増します。代表的な物は朝鮮人参酒です。

自分に合った薬酒が分からない方は、お酒だから嫌とかじゃなく、炭酸やシロップで誤魔化さず、まず飲んで見て下さい。味が貴方に合えば貴方の身体が求める薬酒の可能性が高いです。