朝鮮人参(長白山人参)No.1

2020年8月3日;
朝鮮人参は漢方を勉強し始め、最初に興味を持ち、こだわる生薬です。
日本では御種人参とも言われています。江戸幕府が栽培を推奨し島根県で栽培されていました。江戸幕府からの種、御種の名前が付きました。

白参が出来るまでの工程です。
1、栽培は、一坪程の土地に種を何十個も植えます。そして毎年、間引きをしていきます。

2、間引きを2年目にされた人参が2年根、3年目の間引き人参が3年根です。お土産で売られている朝鮮人参です。

3、間引きを繰り返し、1坪の土地で6年目に1本だけ出来上がります。それが6年根です。

4、人参の皮と髭部分には苦みのサポニンが多く毒があります。6年根の皮と髭を取り去ります。
「髭去り皮去り人参」が出来上がります。最高の人参です。
(取り去った髭皮部分は日本に輸出され、漢方エキス剤の原料に・・・)

5、薬用人参の細胞膜は強靭で、煎じても有効成分が抽出されにくいです。
そのため髭去り皮去り人参を今度は乾燥させます。叩くとコンコンと金属音がするまで乾燥し固めます。
細胞膜が弱まり有効成分が抽出されやすくなります。

朝鮮人参の有効成分は、一般に言われる「苦みのサポニン」ではなく、「甘みのジンノサイド」です。

様々な職人さんが、長年の技で関わります。そして煎じ薬の原料生薬になります。
太陽堂漢薬局が使用する白参が出来上がります。