楽しく食べる食養生

2020年7月4日;
食養生で最も大切な事は「楽しく食べる事」です。
今までお伝えした食養生の「気味」、「寒熱」、「一物全体」、「似臓補臓」などより遥かに重要な事は、楽しく食べる事です。
楽しく食べる食物(草)は「(草冠に楽で)薬」に成ります。
食養生の最後の仕上げは、楽しく食べる事

私が30代の頃に読んだ医学雑誌の逸話です。
東京の男性が胃の具合が悪く病院に行くと、末期の胃がんで余命3ヶ月と宣告されました。
男性は残された命、3か月は好きな事をしようと会社を退職。海外旅行に出かけました。
海外では好きな物を食べ、好きな物を飲み、好きな事をして過ごしました。
3ヶ月して帰国し、以前の病院に行くと胃がんが消失していたそうです。

様々な情況で血流を調べる実験結果です。
笑っている時は血流が良くなります。
逆に怒っている時は血流が悪くなります。
可笑しくなくても、笑顔を作るだけで血流は良くなります。
逆に怒っていなくても、怒った表情をするだけで血流は低下します。
心ではなく顔の表情により血流は変化します。

人間は洗面器に溜めた水に顔を付けるだけで、心拍数は低下し呼吸数は落ちます。私たちが海から進化した名残かもしれません。

「この食材は身体に良い。これは悪い」と思い考えながら食事するのは、貴方の心が貴方の身体に対し罪を造っています。
2020年6月25日の「食養生は食文化」でも書きましたが、「膳」は「身体に善い」物です。

私は「身体に悪い物は美味しく、身体に良い物は美味しくない」です。
ステーキ大好き、焼肉大好き、もつ鍋大好き、ケーキ大好き、お酒も大好き、野菜は嫌いです。
でも嫌いな野菜も中和毒消しの食材も仕方なく笑って食べます。
最低限の食養生は守っています。美味しく楽しく食べる事が一番の食養生です。