食材の特性No.1

2020年11月27日;(写真は冬支度 雪吊りです)

食材ごとの特性。お米、蕎麦、塩。

お米

  1. もち米は、温でエネルギーが大きく、体力が落ちている時などに合います。風邪などの時に作るお粥や重湯は、もち米の方が効果が良いです。
  2. 白米は平。
  3. 玄米は、涼で白米より潤の働きが強いです。玄米食は冷え性の人には要注意です。
    毒消しには小豆(温・燥)、副食に温の玉ネギ、生姜、ニラなどを添えると良いです。

そば

  1. お蕎麦は涼です。冷え性の人や冬場は注意です。
    身体を温める薬味のネギやワサビ、生姜、一味、青紫蘇などを添えると良いです。
  2. 岩手の郷土料理の「かっけ料理」は、蕎麦(涼)をニンニク(温)、味噌(温)を使用し食べます。
    蕎麦の身体を冷やす作用をニンニク・味噌の温める働きで毒消し、調和した食文化、食養生理論に合致します。

  1. 塩は強涼です。風邪気味の時のお粥には塩味は付けません。
    ニガリの入った自然塩は焼いて焼塩にすると微涼に変化します。どうしても塩を入れる時は焼塩を入れます。
    純粋な塩(NaCl)は焼いても強涼は変わりません。
  2. 塩は強潤ですので浮腫みやすい人は気を付けます。
    塩分を減らしたい場合は柚子、カボス、レモンなどの柑橘類で工夫します。例えば焼き魚にレモンをかけ、物足りなければ塩や醤油を少しだけ追加します。
    塩分だけ減らすのは難しいです。薄味にし素材の味を楽しむと結果として塩分の摂取量が減ります。
  3. 塩分の気になる人は、海藻・蟹は海産物ですが、燥の性質があり塩分を排泄する働きが有ります。海藻類を多くすると良いです。
    また冷え性の人は、酢(温)で味付けを心掛けます。