食材選択の基本

2020年10月26日;
東洋医学の薬理学である「形象薬理学」では、新鮮で寿命の長い物、エネルギーの強い物を食べると健康で長生きすると考えています。

現代栄養学のヴィタミンやミネラル、アミノ酸、カロリーなどの発想は、東洋医学には存在しません。

長生きしたければ、寿命の長い物を食べます。夏に収穫し冬場でも食べられるカボチャ。腐れにくい食材、短命ではなく長命の食材を食べます。

元気で居たければ、エネルギーの強い物を食べます。
年老いた鶏や牛、豚、マトン(羊)ではなく、若鳥、若い牛、若い豚、若い猪、ラム(仔羊)などです。
伸びきった野菜ではなく、伸び盛りの生き生きした野菜。
果物では完熟した物などです。

生きていく力は、生きた新鮮な物を食べることで得られます。
採れたての野菜、獲れたての魚、刺身などです。
生きた物は「気」があり、死んだ物には「気」が無いと考えられています。
保存食は死体で「気」は無く、あくまで保存食であり主食にはなりえません。

大自然が「蔵」にて保存するのは、次世代へエネルギーを繋ぐ種物である穀類、イモ類です。主食になります。
東洋医学の「蔵」は「腎・水・先天の気」になります。