間違いやすい食養生 唐辛子No.1

2020年10月16日;
唐辛子を食べると発汗します。それ故に唐辛子は発汗のため「寒(身体を冷やす)」と間違われる場合が有ります。

温かい地域で唐辛子を食べると身体を温めるため、発汗します。発汗するため身体の熱が奪われます。
逆に非常に寒い地域で唐辛子を食べると身体を温めますが、寒いため発汗まではしません。身体を温めるだけです。

風邪に使用する葛根湯や麻黄湯は「温剤」です。身体を温め、発汗し熱を下げます。葛根湯や麻黄湯は温かい地域でも寒い地域でも「温剤」である事に変わりはありません。
同様に唐辛子は「熱剤」です、身体を温めます。気温などの環境で身体の反応が異なるだけです。
食材や漢方薬の性質は変わりません。ただ環境(生体外環境、生体内環境)にて働きが異なってきます。

気温や湿度などは生体外環境です。
体質や病状は生体内環境です。漢方薬や食養生は、個々の生体内環境に合わせます。
一人一人の体質や病状に応じ、治療法が異なってくる東洋医学独特の理論が構成されていきます。

また気温や湿度等の生体外環境は、身体の生体内環境に影響を及ぼします。
季節や気温、湿度の変化に合わし治療法を少しづつ変え、1日中でも服用時間を変えるところに東洋医学の冥利が有ります。

以下もご参考に
間違いやすい食養生 唐辛子No.1
間違いやすい食養生 梅No.2
間違いやすい食養生 ミカン(蜜柑)No.3
間違いやすい食養生 ゴボウ(牛蒡)No.4