間違いやすい食養生 ミカン(蜜柑)No.3

2020年10月19日;「寝る前にミカンを食べては駄目、ミカンは身体を冷やすから」と言われたことは無いでしょうか?

ミカンの五味は「酸」です。前回の「梅」と同じです。酸っぱい物は身体を温めます。
では何故に寝る前のミカンは良くないのでしょう。ミカンは「潤」で身体に水分を保留します。就寝中は排尿に行きません。
ミカンの潤の働きで身体に水分が溜まります。朝まで排尿しなければ無駄な水分が身体に溜まり浮腫みが生じます。

果物は殆どが「潤」の働きがあります。身体を潤わします。浮腫みやすい人は浮腫みが生じます。
果物を朝方に食べると、日中の排尿にて身体への害は少ないです。また身体に水分を保留しますので脱水・熱中症・梗塞なども起こしにくくなります。

果物の中で、柿やウリ科のスイカ、メロン、ゴーヤなどは「燥」の働きが有ります。
身体の余分な水分を排泄する働きです。乾燥性の咳や乾燥性の皮膚病等の時は、柿やウリ科は控えるようにします。

柿やスイカ・メロン等が水分を保留しないので、夜に食べても良いかとなると疑問です。
糖をエネルギー変換にて代謝するインシュリンは、朝方は分泌量が多いです。夜になるに従いインシュリンは減少していきます。
果物の中の糖分がエネルギーとして使われない為、脂肪に変換され、余分な脂肪が身体に付き肥りやすくなります。

以下もご参考に
間違いやすい食養生 唐辛子No.1
間違いやすい食養生 梅No.2
間違いやすい食養生 ミカン(蜜柑)No.3
間違いやすい食養生 ゴボウ(牛蒡)No.4