薬膳・薬酒の素材

2020年11月7日;
東洋医学の薬理学書に神農本草経と言う古典があります。
その中に365種の薬材・食材が記されています。
薬材・食材は上薬・中薬・下薬の3種に分類され記載されています。

上薬 120種
1.これを君(君薬)とし、命を養う事を主とする。天に相当する。
2.これには毒がなく、長期に或いは量を多く服用しても害はない。
3.不老延年。軽身益気を欲する人が飲むべき薬である。

・朝鮮人参、大棗、枸杞子、地黄、ヨクイニン、茯苓、沙參(ツリガネ人参、桔梗科)、松、ミカン、ハス(レンコン)、麦門冬、桂枝(シナモン)、胡麻、山薬(ヤマイモ)など。
・食養生で家庭でも簡単に使えるのは、枸杞子、ヨクイニン、ミカン、レンコン、胡麻、ヤマイモなど。

中薬 120種
1.これを臣(臣薬)とし、体性を養うことを主とする。人に相当する。
2.これには病を防ぎ、体力を補う力がある。
3.毒の有無を知って適宜に配合して用いる必要がある。

・生姜、葱白(白ネギ)、当帰、貝母、杏仁、烏梅、鹿茸、橙(ダイダイ)、葛、桑など
・生姜、白ネギ、梅、葛(クズ)、杏仁、橙にも毒があると東洋医学では考えています。身体の状態や他の食材に合わせ、大量・長期ではなく少量づつ摂取するようになっています。

下薬 125種
1.これを佐使(佐薬・使薬)とし、病を治す事を主とする。地に相当する。
2.これには毒が多いので、長期の服用は慎まなければならない。

・下薬は薬膳・薬酒には基本的に使用しません。