石膏は冷やす?

2021年9月9日;(写真は 熊本県南小国町 押戸ノ石石群 約4,000年前のシュメール文字が刻まれています。)

随分、以前の事ですが、ある県で行われていた漢方勉強会に参加していました。
参加されていた先生が「石膏を飲んで下痢をした。石膏は冷やすから」と言われたのを覚えています。石膏は陽明病の下焦の熱を取ります。

下焦の陽明病は

  1. 腎臓を含む水分代謝による熱症状 ⇒ 口渇・脱水が現れる
  2. 内の炎症・熱症状 ⇒ 便秘傾向が現れる
  3. 卵巣の熱症状 ⇒ 瘀血症状が現れる

の3つに分かれます。
1の脱水の証は石膏剤。白虎湯などの証です。
2の便秘の証は大黄・芒硝剤。承気湯類の証です。
3の瘀血の証は牡丹皮・桃仁・蘇木。桃核承気湯や通導散などの証です。

同じ陽明病でも熱を冷やす部分が3箇所とも異なります。
下痢をするのは2番の便秘、腸内の熱を冷やし過ぎた時です。石膏は作用点が異なり下痢をすることはありません。
石膏で下痢をしたと感じた先生は、たまたま別な原因が重なった勘違いだったのでしょう。

石膏は訂補薬性提要には「津を生じ渇を止む」とあります。血液中の水分が減少すると反射で口渇を生じます。石膏は血液中に潤いを付け口渇を止める薬味です。

漢方薬に限らず化学薬品でも服用量が増すと通常は効果が増します。
漢方薬には服用量にて効果が変わる薬味があります。

  • 石膏は1日量が10g以上だと清熱作用になります。5~6gだと鎮静作用に変わります。
    1日量7gが清熱、鎮静作用の境だと言われています。
  • 黄連は1日量が1g以下だと効果が強くシャープです。分量が増えると逆にマイルドになる唯一の不思議な薬味です。
  • 新型コロナで毎日使う消毒用アルコールは純度75%前後が一番殺菌力が強いです。
    純度が低くても殺菌力は落ちます。しかし純度が高いはずの100%アルコールでも殺菌力は落ちます。

不思議ですね。