蝉退(セミの抜け殻)

2021年7月21日;(写真は 今年の蝉退です。)

蝉退

蝉退は蝉の抜け殻です。漢方薬として使用します。

蝉の抜け殻でも地面に近いものは殻が厚く質が悪く下品です。木の上の高い所に付いた抜け殻は殻が薄く良品と成ります。

蝉退は抗痙攣・鎮静作用、神経節遮断作用などが報告されています。
漢方では血毒に対応し、熱性の痙攣を収めたり、アレルギーを抑制したり解毒作用、清熱作用として使用されます。
皮膚病に多用する消風散の漢方薬味です。

グルテンアレルギー

小麦のグルテンアレルギーや牛乳のカゼインによる遅行性アレルギーによる精神神経症や皮膚炎、胃腸病などが報告されています。
グルテンアレルギーはコチラをご参考に

以前ご報告したとおり大黄牡丹皮湯の働きから考え、「冬瓜子によって腸内のグルテンやカゼインが除かれるのでは」と考えられるとご報告しました。
冬瓜子は瘀血に対してだけではなく、腸内の清掃をする働きもあると推測しています。

あるグルテンアレルギーの反応がある患者さんを糸練功で毎月調べていると、毎月少しづつグルテンアレルギーが改善していました。この患者さんには冬瓜子を出していませんでした。飲んでいたのは消風散です。
誰でも出来る「糸練功」医療気功はコチラ

消風散の構成薬味にグルテンアレルギーを改善する薬味があるのではと考えました。調べていくと蝉退でグルテンアレルギーが改善することが分かりました。しかも体質改善をするようです。

ただ蝉退には油性成分があります。長期に使うのは慎まなければいけません。