老化と「先天の気」

2020年7月9日;
東洋医学の「腎の臓」には、西洋医学の腎臓だけでなく、生殖器、足腰の機能も含まれます。
東洋医学の臓腑は西洋医学の内臓とは異なります。
エコノミック症候群で長時間飛行機の座席に座り下半身を動かさないと、下半身の血液が欝滞し血栓症を起こします。
下半身は腎の臓に属し、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞)は心の臓に属します。

東洋医学の臓腑では、例を挙げると風邪の最初に使用する葛根湯は「膀胱経」の漢方薬になります。
「膀胱」とは、「月・身体」における「旁光ホウコウ・松明タイマツ」の意味です。
「火(病気の邪気)と火(健康を守る正気)が闘い合う身体」の意味です。

東洋医学の「腎の臓」をご紹介します。
「腎」は、臣(直属の部下)が王様を守る最後の砦「月・身体」を意味します。
腎は両親から頂いた生きるエネルギー「先天の気」を蓄えています。

腎機能は28歳位をピークに低下し始めます。
生殖器が老化すると子種が無くなります。
老化が進むと足腰が弱くなります。
腎は老化との関係が深い臓腑です。

加齢と共に悪化する難病の網膜色素変性症というお病気があります。太陽堂では先天の気が減少していると考え、腎気を回復させることにより改善させています。

東洋医学的にも「腎」と「心」は密接に繋がっています。
「足は第二の心臓」と呼ばれています。実際に足の静脈は、心臓と同じように収縮を繰り返し、下半身に溜まった血液を心臓に押し戻そうとしています。

下半身を使うと心臓を助けます。歩く事です。
また背伸びなどのフクラハギの運動も効果的です。

交感神経が興奮すると血栓が出来やすくなります。その時に「貧乏ゆすり」をします。本能的に下半身を動かし血流を改善し血栓を防いでいます。
「貧乏ゆすり」を治療に取り入れ、血栓症を改善した報告例もあります。

人間は老化を防ぐホルモンを持っています。パロチンです。
唾液腺ホルモンと言われ、噛むことにより分泌されます。
早食いの人は、唾液腺ホルモンの分泌が減少し老化が早くなると考えられます。
肌の老化、骨粗しょう症、白内障、老眼、足腰の弱り、心機能の低下・・・。よく噛む事です。

食養生で「三種の神器」と言われる食材があります。
ハチミツ、ヨクイニン、黒ゴマです。
蜂蜜と黒胡麻を練り、水分を飛ばしたのが忍者飴(長期の保存、栄養補給に忍者が使っていたと言われる)です。
3種とも目的が異なります。
蜂蜜は「後天の気」の脾の臓を補い、消化器を助け、細菌感染、脱水予防です。
薏苡仁は腫瘍の予防、抗ウイルス作用。
ゴマは老化防止です。
食事に胡麻油やすり胡麻を多用すると良いです。