新鮮な物が良いとは限らない「六陳八新」

2020年9月28日;
漢方薬の選別に六陳八新(リクチンハッシン)と言う理論が有ります。
古い物が良い6種類の漢方薬と、新しい物が良い8種類の漢方薬です。

6種類の古い物が良い漢方薬は、呉茱萸、橘皮、半夏、枳実、麻黄などです。
橘皮・枳実は柑橘系です。柑橘系の皮には香りの強い毒が有ります。その香りが柔らかくなるまで長期間、寝かせます。
残った僅かな柔らかい香り成分が効果を発揮します。

ミカンの皮を乾かせたのが陳皮です。「陳(古い)物が良い皮」で陳皮の名前が付きました。
以前、香港で生薬屋さんの倉庫から100年物の陳皮が見つかりました。古い物が良いと言うことでオークションに掛けられ、僅かな陳皮が数百万円で購入されたそうです。
100年経過していると古すぎて、香り成分が完全に抜け効果の無い陳皮になっていたはずですが・・・

新しい物が良い漢方薬には、紫蘇葉、薄荷葉、菊花、赤小豆、澤蘭、槐花などがあります。
八新は成分に毒性の無い生薬です。
香りの成分の減少、油性成分の酸化、色素の変化減少など内容成分が変化する前に漢方薬として使用します。
以前、太陽堂では一夏を超した紫蘇葉や薄荷葉は効果が落ちるため捨てていました。現在の太陽堂では冷蔵庫に保管しています。
この中の赤小豆は小豆(アズキ)です。家庭でも赤飯などには新鮮な小豆が良いです。