心に左右される「プラセボ効果」

2020年7月21日;
新薬の開発やお薬の評価をする時にダブルブラインド(二重盲検)試験をします。
例えば、頭痛200人を2グループに分け、一方の100人には本物の鎮痛剤を与えます。もう一方の100人には本物に似せたプラセボ(偽薬)を与えます。

本物の鎮痛剤を与えられた100人の内90人は頭痛が取れ、10人には効きません。
一方、プラセボを与えられた100人の内50人は頭痛が取れます。
鎮痛剤の効果は、本物の鎮痛剤とプラセボの差です。90人と50人の差40人が、本物の鎮痛剤の効果と解釈できます。

プラセボで頭痛が取れた50人がプラセボ効果と言われます。「本物の鎮痛剤と思って飲んだ」「この薬で頭痛が取れる」などの先入観・潜在意識・思い込みのプラスの効果です。

驚くのは、本物の鎮痛剤の効果40人よりプラセボ効果50人の方が多いという事実。
このような例は一般的で、本物のお薬の効果よりプラセボ効果の方が大きい場合が多いです。
この現象は、鎮痛剤だけでなく、解熱剤、抗生物質、安定剤などあらゆるお薬で起こります。抗生物質と思って服用したプラセボで、免疫力が上がり細菌が消えます。熱が下がります。痛みが取れます。

問題も一つあります。
本物の鎮痛剤を服用したのに効果の無かった10人です。「この薬は効かない」「信用していない」と疑って、或いは不安で飲んだ結果です。これは負のプラセボ効果です。

貴方の心が貴方の身体を支配しています。
以下も参考にご覧ください。

1.楽しく食べる食養生 ;末期の胃がんが消失した男性

2.身体の痛みは、心の痛みを開放 ;痛みと脳内モルヒネ。発汗とアセチルコリン、休息する心

3.心の養生 ;笑いと免疫、笑いとリウマチの痛み

4.楽しみを阻む潜在意識・トラウマ ;潜在意識と治療効果