黄疸

2022年4月2日;(写真は 福岡市 福岡城 舞鶴公園 です。)

赤血球の寿命は約4か月、古くなった赤血球は破壊されます。
血色素のヘモグロビンは破壊により血液中で間接型ビリルビンになります。その後、肝臓で直接型ビリルビンとなり胆汁として排泄されます。

間接型ビリルビンの高値は溶血性貧血などが原因として考えられます。

直接型ビリルビンは肝臓での何らかの障害により高値を示します。
そのビリルビンが表面に現れたのが黄疸です。目の白球、手の掌、爪などに現れやすいです。尿はビールの色になります。

食物中の色素で手の掌が黄色くなることがあります。ミカンなどで見られますが目の白球が黄色くなっていなければ黄疸ではないと考えられます。

アルコール性肝炎や脂肪肝、薬物性などでγGTPが上昇します。γGTPは胆汁由来の酵素です。がんなどで肝臓が圧迫されると直接ビリルビンと同様に上昇することもあります。

黄疸と漢方治療 へ続く