日本の食養生・食文化

2020年11月4日;
明治36年から報知新聞に連載された村井弦斎の「食道楽」をご紹介します。

  • 食べ物の原則は、気を補うこと
    1. なるべく新鮮な物
    2. なるべく生の物
    3. なるべく天然に近い物
    4. なるべく寿命の長い物
    5. なるべく組織の緻密な物
    6. なるべく若い物
    7. なるべく住んでる場所に近い物
    8. なるべく刺激の少ない物

    上記1・2は、旬な物がお勧めです。冷凍品や輸入品を減らします。
    上記3は、化学肥料、食品添加物の少ない物です。東洋医学では「食より気を摂り、気を血に蔵す」と考えます。血を汚す化学肥料・添加物は問題が有ります。

  • 料理の原則
    1. 天然の味を失わぬこと
    2. 天然の配合に近くすること
    3. 消化と排泄の調和を図ること
    4. 五美の「味・香り・色・形・器」を備えること
  • 食事法の原則
    1. 飢えを持って食すべきこと
    2. よく咀嚼すること
    3. 腹八分目に食すこと
    4. 天然を標準とすること