食養生_メニューの組み立て

2020年11月26日;(写真は福岡市 早良区の虹です)
「この食材は血圧を下げるから、この薬膳は血圧に良い」ではなく、食材の組合せが大事です。
この食材は血圧が上がるから駄目ではなく、工夫して食すのが食養生です。

身体を温めるために、スープやお粥を作ります。茄子やキュウリの漬物を添えます。
スープ、お粥が身体を温めますが、茄子・キュウリの漬物は身体を冷やします。
これでは身体を温める事は出来ません。
これに生姜(温)の千切りを加えると、身体を温める働きを強くすることができます。

ワカメ(冷)とキュウリ(冷)で作る酢の物(温)は全体として身体を冷やします。
暑い季節の夏場向きです。お酒を飲んだ時にも合います。

「ワカメ(冷)+キュウリ(冷)+酢(温)」で、例えれば

  1. プラス、生姜(温・燥)の千切り、を加えると
    全体として温となり、冷え性の人や冬でも食べられます。
  2. プラス、生姜・青紫蘇(温・燥)、ニラ(温・燥)、ネギ(温・燥)、味噌(温)などを、加えると
    温・燥となり、浮腫みやすく寒がりの人に合います。
  3. プラス、山芋(平・潤)、胡麻(平・潤)、生姜、海老(温・潤)、パイナップル(温・潤)などを、加えると
    温・潤となり、代謝が落ちた年配者(寒)の代謝を上げ潤いを付けます。
  4. プラス、蟹(涼・燥)、菊花(涼・燥)、トマト(涼・燥)、海苔(涼・燥)などを、加えると
    涼・燥となり、浮腫みやすい若い人(熱)や暑がりの人に合います。
  5. プラス、梅干し(涼・潤)、アスパラ(涼・潤)などを、加えると
    燥・寒となります。

食材が駄目なのではなく、工夫をすることが大事です。食養生を知ると色々な食材を美味しく食べる事が出来ます。