症状は同じでも正反対の麻黄と附子

2021年9月22日;(写真は 阿蘇の中岳と根子岳です。)

麻黄と附子

麻黄(マオウ)は太陽病位の代表的な薬味です。
葛根湯(カッコントウ)や麻黄湯、小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、越婢湯(エッピトウ)、麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)、麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)などの構成薬味です。

附子(ブシ)は陰病の代表的な薬味で、基本は少陰病位です。
真武湯(シンブトウ)や四逆湯(シギャクトウ)、麻黄附子細辛湯(マウブシサイシントウ)などの構成薬味です。太陰病位でも八味地黄丸(ハチミジオウガン)などには附子が入ります。

麻黄の働き

麻黄の働きは、体表の血流を良くすることで体表が温められ、発表・発散します。

  1. 体表を温める事で免疫力が上昇します。(風邪などの初期は、発熱することにより免疫力を上げています。身体の本来の防衛機能です。)
    病の初期や感染症などに使用されます。
    葛根湯や麻黄湯など。
  2. また発表・発散にて体表の水分も抜けます。
    表に水分が多い状態。痰の多い気管支炎や喘息、鼻水の多い鼻炎、膝に水が溜まり痛い関節炎、浸出液の多い皮膚病などにも応用されます。
    小青竜湯、麻杏甘石湯、麻杏薏甘湯、越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)など。

麻黄は、体表の症状が中心です。

附子の働き

附子は体の表と裏を温め新陳代謝機能を亢進させます。また成分のアコニンサンにより鎮痛効果があります。

  1. 裏(身体の深部)まで温め新陳代謝を活発化します。
    胃腸機能の低下による下痢や食欲不振、心機能の低下による浮腫み、疲労感や眩暈、冷えなど各種機能不全に使用されます。
    四逆湯、真武湯、附子理中湯(ブシリチュウトウ)など。
  2. 表寒による痛みを除きます。
    リウマチや関節症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊中側弯症などにも使用されます。
    桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)、甘草附子湯(カンゾウブシトウ)、越婢加朮附湯(エッピカジュツブトウ)など。

麻黄と附子の違い へ続く

  1. 症状は同じでも正反対の麻黄と附子
  2. 麻黄と附子の違い
  3. 附子の毒を使う
  4. 炮附子を煎じる時間で使い分ける