心の養生

2020年7月10日;
癌(がん)細胞が毎日5,000個、私達の身体で造られています。
でも私達が、癌(がん)に成らないのは、免疫のナチュラルキラー細胞が毎日癌(がん)細胞を食べてくれるからです。

東京の病院で癌(がん)患者さんを2グループに分け同じ治療をし、一方には週1回吉本新喜劇の芸人さんをお呼びし、観せる実験をしたそうです。
吉本新喜劇を観たグループは、観なかったグループより改善する人が多かったということです。

また別な実験では、お笑いを観せ、ナチュラルキラー細胞が活性化し、T細胞の免疫力が向上、CD4(ヘルパーT細胞)/CD8(キラーT細胞)比が変化したとのこと。
どんなお薬でも数日以上掛かるのに、たった5分間笑うだけで、ナチュラルキラー細胞が活性化したそうです。

楽しく食べる食養生」でご紹介した末期がんから生還した男性も、心残りなく楽しんだからです。

慢性関節リウマチは、天気や精神的な落ち込みなどで痛みが激しくなる傾向が有ります。
また楽しい時は、逆に痛みが軽くなる患者さんが多いのもリウマチの特徴です。
慢性関節リウマチ患者さんに落語を観せると、炎症に関連するインターロイキン6が顕著に減少したとの実験結果があります。

東洋医学で言う「胆」の経絡とは。
胆は「膽」の当て字で勇気・度胸・大言の意味です。
火事の時にピアノを1人で持ち出した話、「火事場の馬鹿力」なども膽力です。
胆の病とは、膽力を振り絞れば治せる臓腑の意味です。
同様に胆経だけでなく、心経、心包経の病も膽力(五志の憂・精神面を改善すれば)で治せる臓腑です。

肉体を支配しているのは心です。
身体の痛みは、心の痛みを開放」もご覧下さい。

今日は土砂降りでも、明日は太陽が輝くかも・・・
心の養生は、楽しむこと、笑うことです。

次回は、「楽しみを阻む潜在意識・トラウマ」についてです。