身体の痛みは、心の痛みを開放

2020年7月7日;
痛みには誰にでも分かる痛みと、誰にも分ってもらえない痛みが有ります。
身体の痛みは、人に分かってもらえ易いですが、心の痛みはなかなか理解してもらえません。
心の痛みで一人で、苦しまれ闘っていらっしゃる方が多いのは、現代社会が複雑だからかもしれません。

身体の痛みは、心の痛みを開放します。
登山をし頂上に着くと気持ちが良いです。爽快感でスッキリします。長時間の苦しい山登りから解放されたからでしょうか?

肉体に苦痛を与えると、脳内モルヒネと言われるβ(ベータ)エンドルフィンが分泌されます。
βエンドルフィンは脳内の神経伝達物質です。モルヒネと同じ働きがあります。βエンドルフィンの鎮痛作用はモルヒネの6倍以上です。そのため脳内麻薬とも言われます。

マラソンをしていると、長い苦しさの途中から幸せ感に包まれ高揚した気分になります。これも脳内モルヒネの働きだと言われています。
※写真は熊野古道を歩く女性

脳内モルヒネと異なりますが、アセチルコリンと言う副交感神経の伝達物質があります。交感神経の伝達物質はアドレナリン(エピネフリン)です。
アドレナリンが分泌されると心臓の機能が活発になり血圧も上昇します。興奮し闘う心と身体になります。
アセチルコリンは逆に休息する心と身体を造ります。

発汗は、交感神経の興奮により生じます。しかし何故か発汗の時だけ、交感神経興奮によりアドレナリンではなくアセチルコリンが分泌されます。
発汗すると、アセチルコリンの働きにより「心と身体が休息」の落ち着いた状態になります。

お風呂や散歩などでも発汗しアセチルコリンが分泌されます。お風呂上りは心も身体もスッキリします。
温泉に行くとユックリできるのもアセチルコリンの働きが影響しています。

家の中に閉じ凝っていては発汗しません。貴方の心の痛みは開放されません。
外に出て散歩し軽い運動をしましょう。
運動や散歩の最初の20分間はウォーミングアップです。運動開始の20分以内は逆に心拍数や血圧が上昇し「闘う状態」になります。軽い運動でも20分を過ぎると「解放、休息の状態」になりやすいです。

医が3分、食が7分が東洋医学の養生です。「食」は養生の代表、食養生ですが、ここでは養生全般を指しています。
漢方治療が3割、養生7割です。養生は「食」・「運動」・「休息」の3本柱です。
「運動」をします。家に閉じ籠っていては、貴方の病は治りません。
「休息」は入浴、睡眠(体調が悪い時ほど日の出と共に起床します)などです。

漢方の古典「黄帝内経素問」には丸々1冊に養生法が書かれています。
有名な貝原益軒の「養生訓」も養生法です。
日本で最古の医学書は、「医心方」です。平安時代に丹波康頼が中国の古典を纏めました。現在の中国では失われ現存しない内容も多く貴重な医学書です。この医心方にも養生法が書かれています。

養生法の記載が無い漢方の古典はありません。
東洋医学は養生を一番大事にします。漢方薬を飲めば治るのではなく、漢方薬は貴方の養生を強力にバックアップ手助けします。
漢方治療が3割、養生7割です。