琥珀(コハク)も漢方薬

2020年8月29日;
ジュラシック・パークの映画で、琥珀の中の蚊の化石からDNAを抽出し恐竜を創りました。
宝石としても美しい琥珀コハクです。

琥珀は漢方薬として使われています。
琥珀は古代の松の樹脂の化石です。
燃やすと松脂(マツヤニ)の焼ける臭いがします。

漢方では利水 活血 安神作用があるとされています。
不眠・神経症・動悸、痙攣、排尿障害、無月経などに使用されます。

松葉にも松脂が入っています。
松葉は「仙人食」とも言われます。
昔のお城には籠城の際の非常食として松を植えたそうです。
また松明(タイマツ)の原料にもなります。

漢方ではアカマツの葉を薬味として使用します。
風湿を除くと言われています。
民間療法では、高血圧、脳卒中後遺症などにも応用されています。
また琥珀の代用としても使用できます。