葛根湯(カッコントウ)の成分

2022年2月8日;(写真は インドネシア バリ島です。)

葛根湯の処方内の各薬味の成分は薬理学的に分かっています。その成分を集めて葛根湯を作っても効果がないのです。コチラを参考に有効成分で説明できない漢方

生薬の葛根(カッコン)の良否鑑別は、粉状にデンプン(葛クズ)が吹いているかどうかで判断します。吹き出ているデンプンの微粒が多いほど、東洋医学では良質の葛根になります。葛根のデンプンは葛湯(クズユ)のクズです。

判明している葛根湯の成分だけでは、葛根湯としての効果はありません。
葛根のデンプンだけでも効果はありません。
その両方で効果のある葛根湯が出来あがります。

判明している事、エビデンスだけでは東洋医学は語れません。
地竜(ジリュウ)のアンコ もご参考に

分かっている事を認め、分からない事は否定しない
それが東洋医学を学ぶ姿勢だと思います。
分からない事は、無いのではなく分かっていないだけです。事実をそのまま受け入れるだけです。