漢方薬は植生で効果が異なる

2020年7月17日;
漢方の薬理学で最初に書かれたのが「神農本草経」です。神農さんはあらゆる草を舐め、その薬性を判断したと言われています。
神農さんは漢方薬と農業の神様で「牛」のように頭に角が生えていたと言い伝えられています。
漢方の薬理学は、その後、李時珍の「本草綱目」で完成しています。

※写真の右側は神農さんが草を舐めている像、頭に角があります。
左側は李時珍の像です。

東洋医学の薬理学をご紹介します。「形象薬理学」が基本となります。
例えば防已と言う生薬は蔓(ツル)ですが、地面に下へ這う傾向があります。蔓ですのでストローの様に水を通す働きで、漢方では下焦(下半身)の水毒に使用する生薬になります。

同じ蔓で葛根は上に伸びていきます。葛根は上焦(首から上)に使う生薬です。また葛根の花は紅色です。そのため紅色の静脈血に使用します。
葛根は、血液中の水分が減少し静脈血が欝滞した時に、蔓ですので水分を流し、静脈血を薄め血滞を解消しますす。

色々な漢方薬に配合されている生薬に柴胡があります。
鹿児島では小学生の私達の小遣い稼ぎに「セコ取り」が有りました。セコは柴胡の事。

航空隊が有ったためか、その当時はまだ戦争中の爆撃の痕が残っていました。
爆弾の穴の北側の斜面、日当たりの良い所に柴胡は生えていました。
シラス台地で斜面で水捌けが良く、日当たりの良い所です。
水捌けの良い所に生える柴胡は、体内の湿(余分な水分)を除きます。

日当たりの良い所で育つ生薬は「血毒」を解消する傾向があります。黄柏などもそうです。
逆に日陰で育つキノコなどの菌糸体は「水毒」に働く傾向が有ります。
柴胡は日当たりの良い所に生えますので「血熱」を冷まします。

清流の水辺に咲く薏苡仁は、水毒に働きます。
薏苡仁は固い穀物です。固いイボを取る働きがあります。柔らかいイボには効きません。

春に咲く紫の美しい藤の花。夏の台風などの風で、藤の枝と枝が擦れ合います。擦れ合った部分に腫瘍の様なコブが出来ます。生薬名は藤瘤と言い腫瘍に使います。
東洋医学の薬理学は形象薬理学という例です。