専門家として食養生で最低必要な理論3

2021年12月24日;(写真は 福岡市百道浜 百道タワーです。)

専門家として食養生で最低必要な理論2 から続く

専門家として食養生で最低必要な理論は何でしょう。No.3

五味(ゴミ)、五気(ゴキ)

五味五気食養生の寒熱 をご覧ください。

五味にて幾つかのポイントを纏めると

  • バラ科や柑橘系の果物は(サン)に入る場合が多い。
  • 香りの強い紫蘇や薄荷は(シン)です。
  • 濃い緑の野菜はアクが有るため(ク)に入ります。
    生ではなく、出来るだけ温野菜にします。アクの一つシュウ酸は加水分解ではなく熱分解します。ボイルじゃなく炒めてもシュウ酸は分解します。
  • 穀物や豆類、イモ類は(カン)に入る場合が多いです。
  • 黄色野菜や淡色野菜もに入ります。
  • キノコなどの菌糸体もに入ります。

五気に関してのポイント

  • 発酵や干した物は(オン)に傾きます。
    スルメ、味噌、酢など。
  • 穀物の中で玄米や蕎麦は(リョウ)です。
  • 脊椎動物は(オン)に傾き、無脊椎動物はの場合が多いです。ただし海老、牡蠣肉、貝柱は温です。
  • 肉では牛肉(強温)、鶏肉(微温)、豚肉・猪(平~涼)、馬肉(涼)です。火傷に用いる紫雲膏(シウンコウ)は豚の脂で作ります。

燥湿

五味と燥湿(ソウシツ)の関係は五行理論を参考に

  • 苦・辛は(ソウ)です。
  • 鹹・酸は(ジュン)です。

燥湿に関してのポイント

  • 葉野菜は蒸散作用がありますのでで、に成ります。
  • 根菜類は土から水分を吸うので、に成ります。

燥湿に関しては 水毒を動かす食養生と漢方薬 を参考に

食養生理論の応用1 へ続く

  1. 食養生の見かた
  2. 食養生の寒熱
  3. 食養生の理論は難しくない
  4. 専門家として食養生で最低必要な理論1
  5. 専門家として食養生で最低必要な理論2
  6. 専門家として食養生で最低必要な理論3
  7. 食養生理論の応用1
  8. 食養生理論の応用2