食養生の見かた

2021年12月17日;(写真は 明治神宮外苑 明治天皇の御観兵榎ゴカンベイエノキです。)

一般的に食養生を論じる時に

  1. 夏に出来るものは身体を冷やし、冬に出来るものは身体を温める。
  2. 南に出来るものは身体を冷やし、北に出来るものは身体を温める。

身土不二(シンドフジ)から考えても、そういう傾向があります。その通りだと思います。
身土不二No.1(代々受け継いだ食習慣)を参考に

また「✖地上に出来る果物は身体を冷やし、根物は身体を温める」ともよく言われます。

升降(ショウコウ)では「果物は降、根物は升」です。
✖果物の降を寒(カン)、根物の升を温(オン)」と間違われている場合が多いです。
寒熱升降は別の概念です。

天は陽なり地は陰なり」です。
✖陰の中で出来る物は身体を温め、陽の中で出来る物は身体を冷やす」とも勘違いされます。
熱も陽の一つ、寒も陰の一つ」ですので、そういう面もあります。初心者はそれでも構いません。
患者さんへ食養生を指導する専門家は、そういう分けにはいきません・・・が。

正確には「陰の中で出来るものは陽、陽の中で出来るものは陰の傾向がある」が正しいです。陰陽寒熱は概念が異なります。
天に近い陽の中で出来る桂枝(ケイシ)は、身体を冷やすでしょうか。桂枝は身体を温めます。
漢方の専門家には周知のとおりです。

緑字は古典からの引用
赤字は古典から学んだ概念

食養生の寒熱 へ続く

  1. 食養生の見かた
  2. 食養生の寒熱
  3. 食養生の理論は難しくない
  4. 専門家として食養生で最低必要な理論1
  5. 専門家として食養生で最低必要な理論2
  6. 専門家として食養生で最低必要な理論3
  7. 食養生理論の応用1
  8. 食養生理論の応用2