食養生(一物全体)

2020年6月20日;
ライオンは獲物を仕留めると、まず内臓を食べるそうです。
肉食動物は草は食べませんが、他の動物が食べた草を他の動物の内臓を通して食べています。

漢方では「一物全体」と言う食養生の基本的考え方が有ります。
魚は頭から尻尾まで食べます。「小魚を頭ごと内臓まで食べる」のが理想です。食養生では肉質だけ食べる事を嫌います。内臓ごと食べられるのは、サンマより小さな魚になります。

東洋医学で「魚の食養生」として最も大事な部分は、頭です。栄養学的にはEPA・DHAの不飽脂肪酸が多い部分です。大事なお客様にお出しするのは「お頭付き」です。
次に大事な部分は尾ビレ、魚が泳ぐ時に最も使う筋肉である尾ビレ。同時に背ビレの「エンガワ」部分です。
3番目に大事なのは、魚の皮です。最後が魚肉です。
魚肉だけ食べていませんか?

魚の尾びれと同様に、焼き鳥のボンジリ。
魚の皮と同様に、キュウリやカボチャ、リンゴ等の野菜・果物の皮も大事だと考えています。

漢方の薬理学は「形象薬理学」と呼ばれています。
形象薬理学の中に「入薬」と言う考え方があります。
「根」は、水分や栄養分を集め地上茎へ送ります。
漢方では「上昇の気」の効能があり、体力をつけ、気力を付けます。

「葉」は、水分・酸素を蒸散します。
漢方では「散」の効能があり、水分貯留を発散し、精神的な気鬱を発散します。

「芽」は、新芽を出します。
漢方では「発泄」の効能があり、身体に溜まったものを外に出す働きです。
皮膚病やニキビの時に、新芽やナッツの発芽部分を食べると症状が吹き出し酷くなることもあります。

「一物全体」では、全ての動植物が捨てる箇所は無いと考えます。
沖縄料理でミミガ(豚の耳介)、テビチ(豚足)を食べられた方も多いと思います。ホルモンなども然です。
また一つの動植物を全て食べるだけでなく、根っこ物(人参)を食べたら、葉物(ホウレン草)も実物(トマト)も食べる。それでも「一物全体」に近くなります。