熟地黄で色白の美肌に!_No.2

2021年9月17日;(写真は 熊本県南小国町 黒川の上の 草原が広がる風の丘No.2。)
熟地黄で色白の美肌に!_No.1から続く

熟地黄と皮膚

熟地黄(ジュクジオウ)は「膚を潤し」、「陰血を補う」です。
お風呂上がりの皮膚血流が良い時には特に色白に見えるのでしょう。服用を重ねると更に皮膚血流が改善し日中でも色白になるのだと思われます。しかも熟地黄は肌に潤いを与えます。

皮膚血流と静脈血流に関し学会発表論文をご紹介します。
血流と地黄に関し興味のある方は以下をご覧ください。
興味深い論文です。

和漢医薬学大会

浅野年紀、松田秀秋、塩本秀己、久保道徳(1995)「漢薬・地黄の生薬薬理学的研究:血流を指標にした地黄の修治と薬能」
ラットを用いた生地黄(ナマジオウ)・乾地黄(カンジオウ)・熟地黄の単回投与と7日間連続投与の実験結果です。

  1. 皮膚組織血流
    生地黄・乾地黄は単回投与で血流増加する。
    熟地黄は投与回数の増加に伴い皮膚組織血流の増加作用が上昇する。
  2. 動脈血流
    生地黄のみ血圧低下作用、血管収縮抑制作用を示す。
    生地黄は、抹消の動脈血流を促進する、その作用は即効性である。
    作用機序は生地黄の動脈系の血管拡張作用による。
  3. 静脈血流
    熟地黄は静脈系の血流を増加促進する。その作用は単回投与ではなく7日間投与で優位な活性を示す。
    作用機序は血液レオロジーの改善による。
    しかし生地黄・乾地黄には静脈系の血流促進作用は認められない。
  4. 心拍数、脾臓組織血流に生地黄・乾地黄・熟地黄は影響を及ぼさない。

血液レオロジーとは血液の流動性です

末梢の細かい血管は、赤血球の大きさよりも小さく細い血管です。
狭い血管を通るため赤血球は自ら長細く変形し、血管を通過していきます。
この赤血球の変形能の能力を上げると、末梢の血流が改善します。
変形能の改善は、熟地黄だけでなく当帰などでも報告されています。その結果、血液レオロジーが改善します。

  1. 乾地黄と熟地黄
  2. 地黄の使い分け
  3. 熟地黄で色白の美肌に!_No.1
  4. 熟地黄で色白の美肌に!_No.2