熟地黄で色白の美肌に!_No.1

2021年9月16日;(写真は 熊本県南小国町 黒川の上の 草原が広がる風の丘No.1。)
地黄の使い分けから続く

自律神経失調の女性の方で熟地黄(ジュクジオウ)の入った連珠飲(レンジュイン)を服用していた患者さんがいらっしゃいました。
症状が出無くなった後も再発防止と体質改善目的で連珠飲を1日1回服用を続けられていました。
1~2年過ぎた頃、元々色黒だった彼女の肌が白くなっているのです。
聞いたところ「この漢方薬を飲んでいるとお風呂上りに鏡に映る自分が色白になってきました。昼間は元の色黒に戻っていましたが、徐々に昼間でも肌が色白になってきました。ありがとうございます。」と言われたことがあります。

その後も、連珠飲に限らず熟地黄の入った温清飲(ウンセイイン)や四物湯(シモツトウ)などでも色白の地肌になる方々が何人もいらっしゃいました。皆さん1~2年以上の漢方薬の服用歴がある方々です。

漢方の後世派の一貫堂医学では色黒の人には黒い熟地黄などの漢方薬を服用させます。
また顔の赤い人には紅花(コウカ)や蘇木(ソボク)などの赤い漢方薬を服用させます。
東洋医学の形象薬理学ですね。

熟地黄で色白の美肌に!_No.2 に続く

  1. 乾地黄と熟地黄
  2. 地黄の使い分け
  3. 熟地黄で色白の美肌に!_No.1
  4. 熟地黄で色白の美肌に!_No.2