この地球上で出来た病は、この地球上の物で必ず良くなる

2020年7月29日;
黄連という漢方生薬が有ります。
苦みが強いです。臓腑では五味(苦み)の特徴の「心の経絡」に属します。
瀉剤で消炎・清熱作用が有ります。君火に属します。
※写真は黄連の自生地です。

朝鮮人参は、漢方の教科書では「苦くて甘い」と成っています。しかし、それは質の悪い人参です。
質の良い朝鮮人参は見た目も渋色が無く苦みもありません。
苦みは竹節人参の特徴で相火に属します。苦みには消炎・清熱作用が有ります。
質の良い人参は甘く君火に属します。

朝鮮人参は甘く、身体を温める補剤です。
黄連は苦く、清熱作用があり瀉剤です。
それぞれ相反する作用・働きの君火の生薬です。

黄連は清熱ですので、日当たりの良い所に育つと考えがちです。
人参は補剤ですので、暗い日当たりの悪い所に育つと考えがちです。

実際は、こぼれ日の少しだけ日が当たる林の中に両方とも育ちます。
黄連が育つ所に人参が育ち、人参が育つ所に黄連が育ちます。
相反する生薬が同じ環境で育つのを最初に見た時は衝撃でした。

質の良い人参(陽剤)と黄連(陰剤)は同じ君火で相反した生薬です。
生薬の自生地でも陰陽のバランスを取り小宇宙を形成しています。

釧路湿原を馬で廻ったことがあります。馬ですので人間が入れない野山にも入っていけます。
その時、トリカブトの群生を見つけました。漢方名は附子(塩水を付け炮じて毒抜きをします)です。生のトリカブトは猛毒で弓矢に塗って毒矢を造っていたと聞いています。
附子の生えている1坪以内には、必ず附子の毒消しが自生していると言われます。これも小宇宙。

「この地球上で出来た病は、この地球上の物で必ず良くなる」
相反する陰陽が創る小宇宙。漢方の世界観です。