奔豚病(ホントンビョウ)

2020年12月18日;(写真は長崎県 佐世保市 九十九島です)
東洋医学には奔豚病と言う病態が有ります。
漢方の古典、金匱要略には「奔豚は気上がって胸を衝き、腹痛、往来寒熱す。奔豚湯之を主る」と有ります。
往来寒熱は少陽病の熱形の特徴ですので、奔豚病の病位は少陽病だと解ります。

奔豚は腎積(ジンシャク)とも言います。
腎(精力・下半身・体力他)が弱り、腎の気が滞り積もった状態です。
その腎積が少腹(ショウフク、下腹部)から激しく上に付き上がり、心下(シンゲ、鳩尾)や胸が痞え苦しく、呼吸も出来ない状態が奔豚です。
豚が激しく走り回り、下腹部から胸に付き上がってくる様と表現されます。

発作性心悸亢進・不整脈、ヒステリー発作などの病態です。奔豚病は金匱要略の奔豚湯の適応となります。
腎積とは異なりますが、非常に似ている発作症状に苓桂甘棗湯証が有ります。