平(ヘイ)とは

2022年1月12日;(写真は 北海道留寿都スキー場です。)

太極(タイキョク)を目指す から続く

では五気(ゴキ)の「寒・涼・平・温・熱」の平(ヘイ)とは何でしょう。
平とは太極で、寒と温が、虚と実など、陰と陽がバランスよく成っている状態だと考えられます。
漢方薬味では甘草(カンゾウ)が五気では平に成ります。処方では半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)などは五気ではなく虚実が平です。
詳しくは「家老」甘草の不思議な働きを参考にして下さい。

糸練功(シレンコウ)や入江FT(フィンガーテスト)が出来る先生は、半夏厚朴湯が実証にも虚証にも合う事に気付かれた先生もいらっしゃると思います。
半夏厚朴湯は、虚証には補剤として働き、実証には瀉剤として働いています。
生体が平の半夏厚朴湯を使い分けているのか、不思議です。

30年程前に、漢方生薬の培養をしている研究施設を訪れたことが有ります。
その研究所では当帰(トウキ)も川芎(センキュウ)も同じ成分の培養液の中で育てられていました。不思議でした。
当帰と川芎では成分組成が異なります。効能も川芎は上焦(ジョウショウ)へ、当帰は下焦(ゲショウ)へ働きます。
しかし「植物は各々自分に必要な成分を根から吸収する」そうです。だから「異なった植物でも同じ培養液で育つ」とのことです。

その土地で、植物は自分に必要な成分をそれぞれが吸収しています。不思議です。
人間も同じなのかもしれません。

  1. 陰陽と平(ヘイ)
  2. 陰陽と太極(タイキョク)
  3. 生体と患部の陰陽
  4. 太極(タイキョク)を目指す
  5. 平(ヘイ)とは