陰陽と平(ヘイ)

2022年1月6日;(写真は 北海道留寿都スキー場、イゾラ山頂からです。)

新古方薬嚢には
薬(食)には五味(ゴミ)とは別に気なる働きある物あり、この働きを大別して寒と熱となす。
寒の微なるものを涼となし、熱の微なるものを湿となす。
そのいずれにも偏せず特に気の働きを発せざるものを平となす。
」とありますが・・・

東洋医学では「陰」と「陽」があります。
陰から陽への変わり目を「陰中の陽」、陽から陰への変わり目を「陽中の陰」と考えています。

「陰」から「陰中の陽」へ、次は「陽」へ。
「陽」から「陽中の陰」へ、また「陰」へ戻ります。之を繰り返しています。

冬「陰」から春「陰中の陽」へ、次は夏「陽」へ。
夏から秋「陽中の陰」へ、また冬「陰」へ戻ります。季節が繰り返すのと同じです。

人間の一生も、胎児は「陰中の陽」で、赤ちゃんは「陽」。
20代後半から「陽中の陰」、40代から「陰」になると思われます。

1日の推移も、夜中の3時頃より交感神経が高ぶり始め「陰中の陽」、日の出と共に「陽」。
午後を過ぎ太陽が傾き出すと「陽中の陰」、日の入りから「陰」に入ります。これを繰り返しています。

※気温が一番高い14時頃は「陽中の陰」で「陰に入っている」ことが注目です。
気温が高いと言う結果や現症ではありません。
エネルギーの向き、太陽が昇って行っている「陽」、降りきてている「陰」。
スペクトルがどちらを向いているかで陰陽が決まる事が重要です。

陰陽と太極(タイキョク)へ 続く

  1. 陰陽と平(ヘイ)
  2. 陰陽と太極(タイキョク)
  3. 生体と患部の陰陽
  4. 太極(タイキョク)を目指す
  5. 平(ヘイ)とは