発酵食品

2020年10月28日;
発酵食品や酵素などは食事に多種あります。腐った物「食養生として」を参考にして下さい。
発酵したものはやや温に傾きます。

大豆は平(身体を温めも冷やしもしない)です。大豆を発酵した味噌は温(身体を温める)です。しかし塩分が多いと少し身体を冷やします。
また同じ大豆の発酵食品である納豆は涼(身体を少し冷やす)になります。

緑茶はです。緑茶を半発酵したウーロン茶はに成ります。全発酵した紅茶やプアール茶はに成ります。

干した物や乾燥させると食性が変わります。カツオが鰹節になるようにアミノ酸が変化し味も変わります。
イカは微温ですが、日に干したスルメはに変化します。
柿もですが、干し柿は微涼と変化し冷やす力が弱まります。

発酵すると酸味が生まれます。
・酸味は「収」の働きで脱肛、下痢等に効果があります。(五味の働き
・酸味を多食すると筋肉や内臓筋も弱り、逆に脱肛や内臓下垂を引き起こします。東洋医学で言う脾虚が生じます。(多食の害
・酸味を過食すると胃腸機能が弱くなり、更に脾虚が酷くなります。(過食の害

身体に良い物でも多くの量を、或いは毎日の様に摂り過ぎると逆に身体に害になります。

多くの種類の食材を摂ります。
五味では、酸っぱい(酢の物・発酵食品・酸味の果物他)、苦い(アクの有る食材・ゴボウ・ナス・ホウレン草・ゴーヤ他)、甘い(穀類・イモ類他)、辛い(ネギ・ニンニク・ニラ・玉ねぎ・大根・香辛料他)、塩辛い(海産物他)の五種類を摂ります。
五色では、青い(濃緑色野菜他)、赤い(肉類・赤い果実他)、黄色い(黄色野菜・淡色野菜・穀物他)、白い(山芋・大根・白ネギ・玉ねぎ他)、黒い(黒胡麻・海藻類他)の五種類です。

「摂り過ぎの害、不足の害」です。適当にいい加減なのが一番です。