暖かい春

2022年5月7日;(写真は 福岡市 博多区 東長寺 です。)

4月、5月と温かい季節で気持ちが良いです。
しかし身体の体温調節はパニックです。

寒い冬には私達の体温調節中枢では、発熱活性物質のパイレキシンなどで体温を上げていました。逆に熱くなるとプロスタグランディンなどで解熱をします。

しかし季節による気温の上昇に身体が付いて来れない時があります。
黄帝内経(コウテイダイケイ)素問(ソモン)の四気調神大論(シキチョウシンダイロン)には、養生法として春は、防寒用の帽子を脱いで緩やかな散歩をするようになっています。

春は緩やかな発散をする。
七草の日から葉野菜を食べ、穏やかな運動で発汗をします。それにより冬の体温調節から熱い夏の体温調節へ身体を馴らしていきます。

季節と食養生に関しては以下もご参考に

  1. 体温コントロールと身土不二No.2
  2. 季節の変わり目の旬の食材
  3. 新緑と紅葉
  4. 四季の季節に合う養生法