東洋医学に於ける肌の色

2021年1月5日;(写真は長崎県 平戸市 生月島 サンセットウェイです)
東洋医学の望診で診るポイントに肌の色が有ります。
日焼けではなく地肌が黒い人は、後世方の一貫堂医学の「解毒症体質」の方が多いです。
解毒症体質には、温清飲、柴胡清肝湯、荊芥連翹湯などを使用します。
解毒症体質の肌は渋紙色と表現されます。リンパ関係の免疫が弱く頸部リンパ腺の瘰癧や、脂質代謝異常による脂漏性なども特徴になります。

解毒症体質には四物湯と黄連解毒湯の合方による温清飲が基本になります。温清飲の加味方が柴胡清肝湯、更に皮膚病に対応して加味したのが荊芥連翹湯です。

四物湯の入る薬方が適応する人は地肌が色黒の人が多いです。塾地黄を煎じると真っ黒で甘い煎じ薬が出来あがります。真っ黒の煎じ薬は色黒の人に合います。
この体質では、食養生は甘い物が厳禁と成ります。同時に脂質を吸着し便に排泄するために線維食が必須です。
東洋医学の形象薬理学です。
色黒の女性が四物湯の合方処方の連珠飲を1~2年服用すると色白になる方が多いです。
形象薬理学については「血毒の原因とは」、「漢方薬は植生で効果が異なる」、「食養生(一物全体)」を参考にしてください。