食養生 五味の働きNo.1

2020年10月8日;
東洋医学では全ての食べ物、漢方薬を5つの味に分けます。
この五味の分類により、身体の何処(東洋医学の臓腑)に働くか、どういう働きが有るか知ることが出来ます。

東洋医学の古典の素問「臓気法事論篇」には、「五味の働き」が記載してあります。
辛は散じ、酸は収め、(甘は緩くし)、苦は堅くし、鹹は軟らかくす」と有ります。

  • 辛い物は「肺」に働き、発散作用があります。
    発汗ストレスの発散などの働きが有ります。
    身体の浮腫みを取ります。
  • 酸っぱい物は「肝」に働き、収の働きで発散の逆になります。
    発汗のし過ぎや脱肛子宮脱下痢等に対応します。
    身体を潤します。
  • 甘い物は「脾」に働き、心も身体も緩めます。
    緊張した筋肉の収縮や内臓の痙攣性の痛み緊張した心も緩めます。
    民間療法では、精神的ストレスで緊張が激しい時に熱いお湯に砂糖を入れ、甘い白湯をフ~フ~して飲み緊張を取る方法があります。
    身体をやや潤します。
  • 苦い物は「心」に働き、身体を固く縮める働きです。
    夏の暑さで緩んだ身体・筋肉を引き締めます。炎症でタダれた患部を縮(抗炎症)し、浮腫みで緩んだ身体を縮(利尿)します。
    身体の浮腫みを取る力は強です。
  • 鹹(塩からい)物は「腎」に働き、軟らかくします。
    硬いイボや腫瘍筋腫などを柔らかくし降ろす働きがあります。
    身体を潤す力は強です。

薬膳として、ご自分の現在の身体状況に合わせて食材を組み合わせます。

以下もご参考に
食養生 五味の多食の害No.2
食養生 五味の過食の害No.3
食養生 病ごとの五味の禁止No.4
食養生 五味の教えNo.5