望診 誰でも判るNo.2「耳」

2020年8月19日;
男性ホルモンが多いタイプの方は、年齢が上がると耳たぶにシワが出来やすいです。
同時に耳からの毛が多いのも男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンが多い人は、梗塞性の病気を起こす可能性が高いです。
心筋梗塞や脳梗塞などです。

梗塞を起こさない為に血液中の水分量を維持する必要があります。
サウナやお風呂、運動の前にコップ1杯の水が必要です。
喉が渇いた時には既に脱水をしています。
何故なら喉の渇きは血液中の水分減少により生じるからです。
コツは喉が渇く前に水分を補給することです。

食養生では
「水で晒さない生玉ねぎ」や「納豆」などで血液をサラサラにします。
ミカンの皮に付いている白い筋も血栓予防に有効だと言われています。
食養生で「潤」の食材。バラ科の果物、イチゴ・桃・梨・リンゴ・梅など。
海藻を中心とした海産物。梅干し、お味噌汁なども身体の水分保有を高めます。

耳の前側に縦シワが入ることが有ります。
東洋医学では「腎虚」になります。
よく歩く事、下半身の運動をすると良いです。
漢方の食養生では「五畜」と言い豚肉が良いです。豚肉をよく食べる地方はお元気なお年寄りが多い地区でもあります。
同時によく噛む事です。唾液腺ホルモンのパロチン(老化防止ホルモン)が分泌されます。早食いは老化を早めます。