冷たいビール

2022年5月19日;(写真は 福岡県福津市 宮地嶽神社 奥之宮八社です。)

以前は外国に行くと、冷えていないビールを出されることがありました。
ビールの苦みは身体を冷やすします。それを考えると常温で飲むのも本来の飲み方かもしれません。

以前、偏頭痛持ちの男性に呉茱萸湯(ゴシュユトウ)を出したことがあります。
呉茱萸湯証は、上腹部の冷えが原因で反射神経で頭痛が生じる証に用いる即効性の漢方薬です。
しかし漢方薬服用開始から2~3ヵ月しても偏頭痛が改善しませんでした。
私は患者さんに食生活を聞いてみました。毎晩、冷たいビールを大量に飲むそうです。
ビールを辞めてもらいました。すると直ぐに頭痛が落ち着きました。ビールを飲みだすと、また頭痛が生じます。
この患者さんは聞き分けが悪く、漢方治療が終わるまでビール禁止を説得するのが大変だった事を覚えています。

身体を冷やすビールを常温で飲んでも身体は冷えます。冷たくない分、冷やしにくくなっているだけです。

根物の生薬である大黄(ダイオウ)も黄連(オウレン)も黄芩(オウゴン)も苦いです。寒~涼で身体を冷やします。これらを30分以上煎じても身体を冷やす薬性は変わりません。
根物でも冷やす物は冷やします。30分以上煮ても冷やす物は冷やします。

野菜を温野菜にするのは冷やす性質を除く目的ではありません。冷やす力はやや減じるとは思いますが。