アトピー性皮膚炎について

遺伝的な要素が高いアトピー性皮膚炎ですが、同じ親から生まれた兄弟でも症状が「出る子」と「出ない子」がいます。兄弟のDNAは一緒です。遺伝子は変えられません。
漢方での体質改善は、ホメオスターシス(生体恒常性)が関係していると思われます。「皮膚炎が出る子」を「皮膚炎の出ない子」と同じような体質・状態に戻すことです。

アトピー性皮膚炎が自然に収まる事が有ります。その代わり次は、喘息になったり、花粉症になったりすることが有ります。これはアレルギーサイクルと言われる現象です。
体質は変わらず、出現する症状が変化しているだけで、治ったわけではありません。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の原因には遺伝的な要素も有りますが、生体内環境と生体外環境に左右され症状が出ます。
生体内では今までの食生活や生活様式により出来上がった体質的傾向です。
生体外は、現在または今から症状を引き起こす様々な外的要因です。

生体内環境を整えるには、アトピー性皮膚炎の原因のアレルギー体質を改善するために、食養生を中心とした養生、漢方での体質改善が必要となります。特に腸内細菌叢は重要です。
生体外環境に関しては、出来るだけアレルゲンを調べ除く事です。

アトピー性皮膚炎には様々な原因が考えられます。黄砂の時期に特に酷くなる患者さんや、アパート室内の黒カビを除いたら改善された患者さん、自己免疫が関係していると思われる人もいらっしゃいました。
小麦のグルテン・牛乳のカゼインが影響している場合も多いと考えています。

アトピー性皮膚炎と漢方

漢方の証(治療法)を決めるのに、東洋医学では様々な診断基準が有ります。病因(気血水)、病位(三陰三陽)、虚実、寒熱、燥湿、升降、収散、臓腑配当などです。
アトピー性皮膚炎の場合、私ども古方派が重要視する三陰三陽は、殆ど役に立ちません。また寒熱、収散、升降などの診断基準も殆ど役に立ちません。
この病では、寒熱は熱(温)、収散は散、升降は升を呈する病態が元々多いからです。
最も診断しやすいのは、燥湿です。病因の気血水を判断し、燥湿の程度を判断し、虚実の程度を決めます。その後に臓腑配当を行い処方(治療法)を決定していきます。

仮性アレルゲン

アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の場合、症状が出ている時に食べると原因物質ではないのに、症状が悪化する食材が有ります。それを仮性アレルゲンと言います。
春の時期は、ナス科のトマト・唐辛子・ピーマン・パプリカ・じゃがいも等に気を付けます。夏から秋はウリ科のキュウリ・スイカ・カボチャ・メロン等に気を付けます。特に皮の部分は成分が濃く症状が酷くなる人が多いです。

様々な食材

仮性アレルゲンには、ヒスタミン類似物質を含む食材や、セロトニン、コリン、ノイリン、チラミン、ヒスチジン、レクチン、アセチルコリン、トりブタミン、サリチル酸類等を含む仮性アレルゲンがあります。
他にも砂糖の摂り過ぎは、腸内細菌叢を乱します。
また一般的に身体に良いと言われる不飽和脂肪酸の摂取が多いと炎症物質が過剰に産生されます。

体質に合わす漢方処方

伝統漢方古方派を中心とした一般的薬方をご紹介。

十味敗毒散

皮膚病で最も有名な処方です。荊防敗毒散を元に日本の華岡青洲が創った処方です。この漢方医は、江戸時代に最初に乳がんの手術をされた事でも有名です。
十味敗毒散は、アトピー性皮膚炎でやや湿の場合に使用します。一見すると痂皮が出来て乾燥して見えますが、肘の内側や膝の裏側などが酷い場合に使用します。
また化膿傾向があれば連翹を加味、熱性を帯びていれば石膏を加味すると良く効きます。

越婢加朮湯

皮膚病の中で最も湿(汁が多い)のタイプに使用する処方です。分泌物が多く痂皮を形成している場合が多いです。
黄砂やPM2.5の影響を受けやすい方が、多く見受けられます。

消風散

この処方も湿に使用する薬剤です。越婢加朮湯証ほどでは有りませんが、分泌物が多く痂皮を形成します。また乳頭から汁が出て痂皮形成をされている方も多いです。
分泌物は完全な透明ではなく、やや濁りがあるか黄色がかっています。
「汁が出るアトピー性皮膚炎は消風散証」と言われる位、多用される処方です。

温清飲

乾燥したアトピー性皮膚炎に使用する代表的処方です。
この処方の加味方が柴胡清肝湯です。更に加味を追加し皮膚病に特化したのが荊芥連翹湯です。
いづれも後世派の一貫堂医学由来の処方です。解毒症体質(肝臓が悪いのではなく、弱く身体の代謝物を解毒できず、それにより皮膚疾患が生じる体質)に使用します。
柴胡清肝湯は小児に使用し、青年期以降は荊芥連翹湯を使用することに成っています。しかし、臨床的には拘る必要は有りません。
3方剤とも「燥」の状態に適応となります。肘の内側などにも症状が出ますが、汗の溜まらない箇所や体幹にも症状が出ている方が多いです。
冬場の乾燥した時期に悪化する人も多いです。
一貫堂医学の解毒症体質は、柴胡清肝湯、荊芥連翹湯、竜胆瀉肝湯の3処方が中心となります。

当薬局の改善症例

アトピー性皮膚炎を太陽堂で治療された症例をご紹介します。
漢方の不思議な力を信じて。一緒に取り組みましょう。

落ち着いてきました

薬歴No.5476 女性2歳
前回の漢方薬を頂いてから、落ち着いてきました。

太陽堂からコメント
お顔のジュクジュクがようやく引いてきましたね。良かったです。
○○ちゃんのアトピー性皮膚炎は、東洋医学的には水毒が原因と思われます。今お飲みの漢方薬は、強力に水毒を捌きます。
分泌物の多い湿疹の他、腰痛や初期腎炎等にも用います。いずれにしてもアトピー性皮膚炎の原因となる所を改善しますよ。
まだ気を許せませんが、このまま順調に改善する事を祈ってます。

漢方で、良くなっているのが目に見えて分かります

薬歴No.4157 女性16歳
食事制限を始めて、良くなっているのが目に見えて分かります。また気分がすごく楽になって来ました。
肌の調子は、顎の下と頬から顎にかけて、首に少し出ています。膿が出ていますが、全体的に顔の赤みが減ったと思います。

太陽堂からコメント
食事制限をして、目に見えて改善してきているようなので本当に良かったです。
前回お伝えしました食品は、今はまだ摂取しない方が良いと思われます。しばらくして蕁麻疹の症状が改善し、糸練功の合数も上がってきましたら、摂取したらいけない食品が減ってきますよ。それまでは我慢して下さいね。

ステロイドの塗り薬も随分減ってきました

薬歴No.5579 女性39歳
お肌の調子はとても良いです。最近はステロイドの塗り薬も随分減ってきました。
アレルギーの漢方薬を飲んでいるからか、食べ物で酷くなるという事は、ここ1ヶ月起こっていません。
仕事のストレスが、かかった時に急に痒くなりますが、しばらくすると治まっています。

太陽堂からコメント
お肌の状態がとても綺麗になってきましたね。アレルギーで酷くなる事も無くとても順調だと思います。
アレルギーの粉薬は1日2回へ減らしました。1回量が多くなりますが、頑張ってお飲み下さいね。
アトピー性皮膚炎の治療が終わりましたら、婦人科の方に取り組んで行きましょうね。

アトピー性皮膚炎の皮膚もどんどん綺麗に

薬歴No.7124 男性50歳
非常に改善しています。引っ掻くことも本当に減りました。皮膚もどんどん綺麗になっています。

太陽堂からコメント
漢方治療で二つの山があります。二つ目の山を越えたところです。もうこれ以降は、以前の様に酷くなることは少ないです。
今まで頑張って来られましたが、もう少しお付き合い下さい。最後まで一緒に治し切りましょうね。

ひっかき傷も少なくなっています

薬歴No.5436 女性7歳
一時期より、アトピーの症状は落ち着いています。痒みも以前と比べると無いです。ひっかき傷も少なくなっています。

太陽堂からコメント
こんにちは。前回より症状が落ち着いてきているようで安心致しました。
皮膚を掻く状態は、再び症状を引き起こす原因になります。
炎症の5段階は、刺激が加わると「発赤」→「腫脹(シュチョウ)」→「痂皮形成」→「落屑(ラクセツ)」→「治癒」となりますが、腫脹段階と痂皮形成段階で痒みが起こります。その時掻いてしまうと、再びスタート段階の発赤に戻ってしまいますので、出来る限り掻かずにお過ごし下さいね。
汗により刺激が発生しますので、汗を掻いた時は出来る限り小まめに汗を拭き取って下さいね。痒みが和らいでいる時は、刺激にならないようにハンカチ・タオル等を当てて拭き取るようにされると、更に刺激にならずに済みますよ。

お病気に対して

アトピー性皮膚炎は体質的な素因が原因です。外用薬や症状を一時的に抑える薬では、治るのを待っているだけになります。いつ治るのか、治らないのかも分かりません。
漢方薬での体質改善が必要な疾患になります。