安中散(アンチュウサン)

2022年3月22日;(写真は山口県 長門 元乃隅稲成神社です。)

胃薬で有名な安中散は「胃寒(イカン)」に対応する漢方薬です。 少し虚証(キョショウ)でも幅広く使えるように茯苓(ブクリョウ)を加味しマイルドにして、安中散加茯苓(アンチュウサンカブクリョウ)とすることもあります。

また神経性胃炎の特効薬でもあります。胃痛が酷い時は芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)を合方します。

逆流性食道炎の本治(ホンチ)として使用することもあります。標治(ヒョウチ)には生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ)が来ることが多く、本治に安中散が来ることが多いです。

標本治療は
標本治療にて思う事 を参考に

通常、甘い物は緊張や痙攣などの収縮、痛みを緩和します。
古典では安中散は熱酒で飲む事になっています。お酒を飲まない人は、不思議ですが塩湯で飲み下すとの指示があります。
また塩湯と同じですが、安中散証の人は、甘い物を摂ると症状が酷くなったり胸焼けをする特徴があります。

一般的に体質改善を目的に漢方薬を服用する時は1日2~3回を毎日服用し続けます。
しかし安中散は、症状が有る時に食前食後関係なしに頓服を必ず繰り返していきます。すると症状の出る頻度が減少してくる場合が多いのです。
体質改善で長期に服用しても良いのでしょうが、頓服を繰り返しても良くなる場合が多いのです。

安中散の薬味構成の中に延胡索(エンゴサク)が入っています。延胡索は血毒(ケツドク)による痛みを治めます。それを応用し安中散を生理痛に使用することもあります。